QUICK

お知らせ
News & Information

QUICK特別セミナー「資産運用討論会」を開催しました
2016年5月18日

株式会社QUICK

 

 株式会社QUICKは5月17日、QUICK資産運用研究所、QUICK企業価値研究所の設立を記念した特別セミナー「資産運用討論会」を開催いたしました。金融庁の小野尚総括審議官をお招きし、家計における安定的な資産形成の実現に向けて、受託者の役割・責任を意味する「フィデューシャリー・デューティー」の重要性について、ご講演いただきました。またパネルディスカッションでは、日本銀行が導入したマイナス金利政策下で何が変わったのか、受託者の役割・責任の重要性が高まる中で資産運用業界が取り組むべき課題は何かなどについて、議論が交わされました。

 

【開催概要】

■日時     

2016年5月17日(火)16:00~18:30

■開催場所  

東京証券会館 8階 ホール

■プログラム  

基調講演

 
     

「家計の中長期の安定的な資産形成に向け、高まるフィデューシャリー・デューティーの重要性」

     

 講師:小野 尚 氏(金融庁 総括審議官)

           
   

パネルディスカッション

   
     

「マイナス金利下の資産運用」

     

コーディネーター

大場 昭義 氏(東京海上アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長)

     

パネリスト

猿田 隆 氏(野村アセットマネジメント株式会社 執行役専務)

       

松元 浩 氏(ピクテ投信投資顧問株式会社 常務執行役員 運用・商品本部資産運用部長)

       

德島 勝幸 氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 年金研究部長)

       

北澤 千秋(株式会社QUICK 常務執行役員 資産運用研究所長)

 

 

小野 尚 氏による基調講演

gazou1

 

パネルディスカッションの様子

gazou2

 

 

以 上