金融市場の情報インフラを支える
ことに誇りを
持って、仕事に
取り組んでいます
開発セクション
I.S
インタビュー
金融市場の情報インフラを支える
ことに誇りを
持って、仕事に
取り組んでいます
1秒の遅延も許されない仕事
だからこそ、チームワークが大事
大学時代は、情報理論や暗号理論を専攻していました。就職活動時に、大学の学内説明会でQUICKと出会ったことで、初めて金融に興味を持ちました。QUICKが公正中立な立場より、マーケットを支える重要な役割を担っている点に魅力を感じ、理系の素養を生かして会社に貢献したいとの思いから、入社を決めました。
入社してから一貫して、自社のインフラシステムの開発管理を担っています。インフラシステムとは、QUICKの各種サービスへの情報提供を支える、基盤のシステム群を指します。入社2年目には、海外取引所から株価等のデータをリアルタイム受信するシステムを担当しました。仕様検討から協力会社との調整や進捗管理、テスト、リリースまで任せてもらい、無事に案件を終えられたことは、大きな自信に繋がりました。若いうちに大きな責任のある仕事を任せてもらえることは、当社の魅力の一つです。
現在は、東京証券取引所などの国内取引所からデータを受信するシステムと、日経平均株価を算出・配信するシステムを担当しています。日経平均株価をはじめ、国内株式・日経平均先物など、金融市場で注目度の高い情報を担うシステムだけに、リアルタイム配信が基本で1秒の遅延も許されません。
そのため、なにか気になることがあれば、チームですぐに原因追究と改修に乗り出すなど、正確かつ安定的に、速報性をもって情報を提供し続ける、信頼度の高いシステム開発を心がけています。
QUICKのサービスの安定性と信頼性を担保する仕事
インフラシステムは、システム更改等の対応が、問題なく完了できて当たり前と思われがちです。一方、予算・期限・人員に制約がある中で、無事にシステム対応を完了させるのは、結構大変なことです。仕事のやりがいは、開発中に問題点や改善点を見つけ、解決を図ることで、チームの一体感が高まることです。取引所のシステム変更等に合わせ、難局を乗り越え、無事にシステム対応を完了できた時には、大きな達成感が得られます。私達インフラチームが屋台骨となり、QUICKのサービス、つまりは金融市場の情報インフラを支えていることに誇りを持って、仕事をしています。今後はITスキルと金融知識を磨き、社内外から頼りにされるエンジニアになることが目標です。安定感と信頼性は常に保ちつつ、コストパフォーマンスがよく、柔軟に仕様変更できるシステム開発に取り組みます。ゆくゆくは、サービスの企画・開発にも携われたらいいなと考えています。
学生の皆さんへ
弊社では、ITスキルはもちろん、金融や経済に関する知識を深められます。また、情報や営業など他セクションと共に働くことで、多様な視点を得られることに面白みを感じます。開発言語や投資理論等の知識は、研修を通じて勉強することができます。社員は公明正大で親切な人が多く、社会で胸の張れるSEに成長できます。自発的に考え動ける方、データや作業の細部に意識を向けられる方は、日本をリードする金融情報サービスの開発に、共に取り組みましょう。(2017年3月時点の情報です)