QUICK

清水 康之

シニアアナリスト

中小型株担当


【プロフィール】

早稲田大学理工学部応用化学科(医用工学専攻)卒業。1988年に国際証券(現、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社。ベンチャー企業に対する投融資審査を振り出しに、法人営業や投資モデル開発、自己売買運用、公開引受、リスクマネジメントなど経験した後、社内公募制によりエクイティリサーチ部に異動。地球温暖化ガス排出権に関するプロジェクト支援部門在籍時には、経済産業省からの受託事業として「クリーン開発メカニズムを活用した代替フロン等3ガス排出抑制事業基礎調査報告書」なども執筆。
2006年にQBR(現QUICK企業価値研究所)に入社、企業アナリストとして、主にインターネット関連銘柄や中小型銘柄を担当。
企業調査にあたっては、開示資料はあくまでの過去の実績を示す一つでしかないと心得、レポートでは、企業が抱える課題や今後のシナリオ、そして、経営陣の発する「温度」などを伝えることが重要と考えている。


日本証券アナリスト協会ディスクロージャー研究会 通信・インターネット専門部会 評価実施アナリスト


【担当業種・カバー銘柄】

東証が運営するアナリストレポートの発行支援・配信サービス「アナリストレポート・プラットフォーム(ARP)」向けの企業調査レポートや、当研究所が毎月発行する「投資情報マンスリー」では、IPOマーケットの動向等も執筆。日経CNBC「IPO塾」では講師役。


【最近の主なレポートのタイトル】

● 投資情報マンスリー『IPOマーケット~新興市場薄商いでIPO も勢いなく、初値倍率は例年に比べ抑制傾向が続く~』(配信日19年7月12日)
● ティーケーピー(3479)『シェアオフィス国内最大手買収で、20/2期の売上高は前期比55%増へ』(配信日19年7月19日)
● ラクス(3923)『働き方改革やDXの流れを好機と捉え、20/3期は減益も厭わず投資強化へ』(配信日19年6月11日)
● ジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)『保守契約台数増やし、20/3期も2桁増収計画。クイックリニューアル注力』(配信日19年5月28日)
● HEROZ(4382)『20/4期は18%増収を計画。企業向けの売上高が、個人向けを上回る見通し』(配信日19年6月20日)
● ラクスル(4384)『印刷事業での顧客獲得好調で、通期売上計画を増額。運送事業の成長も貢献』(配信日19年6月20日)


【主な講演・番組出演】

● 日経CNBC「昼エクスプレス」に定期出演
● ラジオ日経「マーケットプレス」に定期出演


更新日(2019年7月)