QUICK

清水 康之

シニアアナリスト

中小型株担当


【プロフィール】

早稲田大学理工学部応用化学科(医用工学専攻)卒業。1988年に国際証券(現、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社。ベンチャー企業に対する投融資審査を振り出しに、法人営業や投資モデル開発、自己売買運用、公開引受、リスクマネジメントなど経験した後、社内公募制によりエクイティリサーチ部に異動。地球温暖化ガス排出権に関するプロジェクト支援部門在籍時には、経済産業省からの受託事業として「クリーン開発メカニズムを活用した代替フロン等3ガス排出抑制事業基礎調査報告書」なども執筆。
2006年にQBR(現QUICK企業価値研究所)に入社、企業アナリストとして、主にインターネット関連銘柄や中小型銘柄を担当。
企業調査にあたっては、開示資料はあくまでの過去の実績を示す一つでしかないと心得、レポートでは、企業が抱える課題や今後のシナリオ、そして、経営陣の発する「温度」などを伝えることが重要と考えている。


日本証券アナリスト協会ディスクロージャー研究会 通信・インターネット専門部会 評価実施アナリスト


【担当業種・カバー銘柄】

IPO銘柄ならびに時価総額1000億円以下の主要中小型株全般。
日経CNBC「IPO塾」のコメンテーターを務め、当研究所が毎月発行する「投資情報マンスリー」では、IPOマーケットの動向等を執筆。
東証が運営するアナリストレポートの発行支援・配信サービス「アナリストレポート・プラットフォーム(ARP)」向けの企業調査レポートも執筆


【最近の主なレポートのタイトル】

● 投資情報マンスリー『IPOマーケット~実質的に機能停止状態のIPO市場。実質的な再開は早くても7月以降か~』(配信日20年4月10日)
● メルカリ(4385)『上期は営業赤字が大きく拡大。米国事業やスマホ決済で費用かさむ』(配信日20年2月27日)
● ラクス(3923)『クラウド型経費精算システムの新規導入が好調で、3Q累計は33%増収』(配信日20年3月5日)
● オプトラン(6235)『20/12期は営業2桁増益を計画。前期開発の新型装置の販売を本格化』(配信日20年3月6日)
● ジャパンエレベーターサービスホールディン(6544)『営業拠点拡大で保守台数増え、3Q累計は23%増収』(配信日20年3月2日)
● アルテリア・ネットワークス(4423)『3Q累計は6%増収。次世代高品位サービスなどの受注が堅調』(配信日20年3月5日)


【主な講演・番組出演】

● 日経CNBC「昼エクスプレス」に定期出演
● ラジオ日経「マーケットプレス」に定期出演


【関連サイト】

アナリストの眼for Biz
"自分の立てた仮説との違いを見つけていくことが「アナリストの醍醐味」"


更新日(2020年4月)