QUICK

前田 俊明

シニアアナリスト

情報通信、サービスセクター担当


【プロフィール】

独立系のシステム開発会社に入社。システムエンジニアとして金融機関のシステム構築案件に携わる。QBR(現QUICK企業価値研究所)入社後は、主に情報通信業界、サービス業界の企業調査を担当。各種資料をベースとしたファンダメンタル分析に重きを置きつつ、訪問取材を継続的に実施し、資料では捉えにくい企業の機微を感じ取るようにしている。


日本証券アナリスト協会検定会員

日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会、コンピューターソフト専門部会 評価実施アナリスト

東京証券取引所が運営する「アナリストレポート・プラットフォーム(ARP)」の企業調査レポートの作成を担当


【担当業種・カバー銘柄】

情報通信:NRI(4307)、オービック(4684)、CTC(4739)、ISID(4812)、NTTデータ(9613)、富士ソフト(9749)

サービス:ALSOK(2331)、セコム(9735)

東証ARP:エイジア(2352)、インフォメーション・ディベロプメント(4709)


【最近の主なレポートのタイトル】

● 富士ソフト(9749)『1Q業績強く、受注高・残高も強含み。業績予想を上方修正』(配信日18年6月6日)
● 綜合警備保障(2331)『19/3期はセキュリティ事業の拡大で10%営業増益を予想』(配信日18年6月1日)
● エヌ・ティ・ティ・データ(9613)『19/3期は不採算案件、PMI関連費用の減少で2桁営業増益を予想』(配信日18年5月31日)
● セコム(9735)『19/3期は7期振りに営業減益へ。システム・人への集中投資で基盤整備を実施』(配信日18年5月23日)
● 野村総合研究所(4307)『今期が最終年度の中計の数値目標は概ね達成へ』(配信日18年5月21日)


【主な講演・番組出演】

● ラジオ日経「マーケットプレス」に定期出演


更新日(2018年7月)