QUICK

柊 宏二

シニアアナリスト

金融(銀行)・機械セクター、投資戦略、マクロ経済担当


【プロフィール】

一橋大学経済学部卒業。三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入社後、支店勤務を経て銀行系シンクタンクの三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に出向。マクロ経済調査などに従事する。銀行に復職し大企業審査、企業再生などの業務担当を経て、06年に当社入社。銀行を中心とした金融セクターの調査に加え、数年前から製造業(機械)の調査、投資戦略、マクロ経済調査、なども担当する。ここ数年顧客向けのセミナー、勉強会へ積極的に参加。実績を積む。


日本証券アナリスト協会検定会員

日本証券アナリスト協会 ディスクロージャー研究会 銀行 評価実施アナリスト

 

【担当業種・カバー銘柄】

銀行:三菱UFJ(8306)、三井住友(8316)、みずほ(8411)、千葉銀行(8331)、コンコルディア(7186)、セブン銀行(8410)

機械:ダイキン工業(6367)、クボタ(6326)、安川電機(6506)、マキタ(6586)、オークマ(6103)、牧野フライス製作所(6135)、DMG森精機(6141)、ツガミ(6101)、OSG(6136)、不二越(6474)、ユニオンツール(6278)

 

【最近の主なレポートのタイトル】

● 安川電機(6506)『スマホ、FA関連等の需要の高めの波は当面繰り返し押し寄せる公算大』(配信日17年11月2日)
● ダイキン(6367)『空調事業の販売が世界的に拡大。化学事業の回復基調も強まる』(配信日17年11月16日)
● 三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)『今期利益には上振れ余地。来期は将来的な成長に向けた我慢の時期に』(配信日17年12月14日)
● 投資戦略(マクロ経済編)『国内、海外ともに堅調な回復基調。18 年も回復が継続する見通し』(配信日17年12月27日)
● セクターレポート(銀行業)『年末に騰勢強めた銀行株。2018年は回復を予想。大相場がくるか考察』(配信日17年12月28日)

 

【主な講演・番組出演】

● 当面の景気・相場見通しと中長期の有望テーマ・銘柄(JPXセミナー、17年7月)

● ラジオ日経「マーケットプレス」に定期出演

 

 

更新日(2018年2月)