QUICK

柊 宏二

シニアアナリスト

金融(銀行)・機械セクター、投資戦略、マクロ経済担当


【プロフィール】

一橋大学経済学部卒業。三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入社後、支店勤務を経て銀行系シンクタンクの三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に出向。マクロ経済調査などに従事する。銀行に復職し大企業審査、企業再生などの業務担当を経て、06年に当社入社。銀行を中心とした金融セクターの調査に加え、製造業(機械中心)の調査、投資戦略、マクロ経済調査なども担当する。経済、投資戦略に関する顧客向けセミナー・研修・勉強会講師も担当。


日本証券アナリスト協会検定会員

日本証券アナリスト協会ディスクロージャー研究会 銀行評価実施アナリスト


【担当業種・カバー銘柄】

銀行:三菱UFJ(8306)、三井住友(8316)、みずほ(8411)、千葉銀行(8331)、コンコルディア(7186)、セブン銀行(8410)

機械等製造業:ダイキン工業(6367)、クボタ(6326)、安川電機(6506)、マキタ(6586)、オークマ(6103)、牧野フライス製作所(6135)、DMG森精機(6141)、ツガミ(6101)、OSG(6136)、不二越(6474)、ユニオンツール(6278)、竹内製作所(6432)、ピジョン(7956)
「投資戦略(マクロ経済編)」(四半期ごとに発行)、「投資情報マンスリー」の「経済ウォッチ」を担当


【最近の主なレポートのタイトル】

● クボタ(6326)『中国は厳しいが北米やタイの販売は堅調推移を見込み業績伸長を予想』(配信日20年3月3日)
● ピジョン(7956)『インバウンドは苦戦必至。中国事業を軸とした業績の成長期待は維持』(配信日20年3月11日)
● 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)『バンクダナモンの減損で今期最終減益へ。来期以降は利益回復を予想』(配信日20年2月20日) 
● 投資戦略(マクロ経済編)『内外経済動向〜新型コロナの影響で世界経済は急失速の懸念。回復は「U字」を想定』(配信日20年3月27日)
● セクターレポート(銀行業)『新型肺炎影響で懸念材料多いが存在感増すチャンスも』(配信日20年3月18日)


【主な講演・番組出演】

● 「2020年度の内外経済と株式相場の展望~影響が大きい米中を始めとした海外主要地域と国内のマクロ経済・金融・企業業績等を分析」(20年4月)

● ラジオ日経「マーケットプレス」に定期出演

● ダイヤモンド・オンラインに経済動向、投資戦略に関するコラムを定期(月1回)連載


【関連サイト】

アナリストの眼for Biz
"マクロな眼と現場情報による理論武装。両面からの考察がレポートの源泉です。"


更新日(2020年4月)