日本の電力市場を
分析するための
すべての情報が
ここにあります

Polarisについて

Polarisとは北極星のことです。位置を変えずに輝くこの星を古来、船乗り達は大海原を航海する際の道標として利用してきたと言います。1995年に自由化が始まった日本の電力市場ですが、現在に至っても「情報」が整備されているとは言えません。日本卸電力取引所(JEPX)や電力広域的運営推進機関(OCCTO)は情報を公開しているものの、それらを日々取得し、分析するのは非常に手間と時間がかかるのが実情です。
そんな声を受け、QUICKは「QUICK E-Power」シリーズの第一弾として日本の電力市場を分析するための情報サービスを開発しました。スポット市場や発電所、天候、燃料の情報をDB化し、QUICKが金融市場で培ったノウハウを活かし、電力トレーダーの方にも利用しやすい様々な工夫を盛り込みました。電力市場での道標となるサービスになるよう願っています。

特徴1 豊富なコンテンツ

Polarisはスポット価格に影響を与える発電所、天気、燃料などの情報をとりそろえました。

スポット・先物市場の価格分析
スポット市場(JEPX)の9エリア、48コマを任意の期間で分析できます。エリア間値差、過去のスパイク傾向、天候と価格の相関等を分析することで、スポット市場の入札において、より精度の高い売買につなげていただけます。スポット市場の取引用途だけでなく、相対電源の契約をする際、将来の事業計画を立てる際などスポットや先物価格のデータ分析は様々な用途に利用できます。

発電所稼働状況
稼働停止発電所を出力の大きい順にランキング形式で表示しました。インパクトの大きな発電所を日々モニターすることで、突発的な事故や故障による価格変動に備えることができます。


天気予報
5日間の予想気温の推移をグラフ化し、天気を可視化しました。予報(天気、気温、風向、風速など)は3時間ごとに更新し、すべての履歴を提供します。需要や価格の予測精度の向上にお役立てください。
天気予報
5日間の予想気温の推移をグラフ化し、天気を可視化しました。予報(天気、気温、風向、風速など)は3時間ごとに更新し、すべての履歴を提供します。需要や価格の予測精度の向上にお役立てください。

燃料市況
「JCC」「JLC」などの指標価格から「WTI」や「ヘンリーハブ」といった主要取引所の先物価格まで網羅しました。先物カーブで燃料相場の見通しを確認できます。各エリアの燃料調整費もヒストリカルで提供します。

特徴2 エリア分析

Polarisはエリアごとの「スポット価格」「天気」「発電所稼働状況」を一目で確認できます。エリアをつなぐ「連系線の空き容量」、分断による「エリア価格のスプレッド」も任意の期間で分析可能です。

特徴3 ユーザビリティの向上

Polarisはユーザビリティの向上を目指しました。電力トレーダーが必要とするさまざまな情報をワンストップで提供。入札前の手間と時間を大幅に削減し、効率的な意思決定を支援します。

Polarisはウェブサービス以外でも
お客様のニーズに応えます

APIによるデータ提供
「社内のポータルや大型モニターで情報を一覧したい」「社内システムに市況データを取り込んで利用したい」といったニーズにもお応えします。APIで提供する大量のデータを活用して、分析にかかる手間を省力化できます。
リム情報開発による
各種サービス
資本業務提携しているリム情報開発は日本を代表するエネルギーの情報配信会社です。デイリーレポート(電力、LNG、原油・コンデンセートなど)、週刊のバイオマスレポートなどによる各種エネルギー情報の提供、エネルギー市場に特化した社員研修、コンサルティングなどを実施。電力のほか、エネルギー市場全般のニーズにも対応しています。