ソリューションの提案
ESGサービス
経営課題として
ESGにどのように取り組んだらよいか。

ESG課題への対応、何からどのように手をつければよいかわからない

近年ESG投資への関心が高まり、ESGにどのように取り組むかは企業の重要な経営課題となってきています。

重要性を増す環境や人権への取り組みや、ステークホルダーに対して責任を果たしているかなど、ESG各分野の課題は多岐にわたります。

どこから手をつければよいのでしょうか。

他にも

・事業部門を始めとして社内全体にESGを浸透させる

・ESGのマテリアリティを特定する

・非財務情報の開示を推進する

・CDPへの回答に対応する

・ESGへの取り組みの他社事例やベストプラクティスを理解する

・株価や財務に影響するESGファクターを知る

等、さまざまな課題に対応する必要があります。


複数のESGリサーチ機関のESG評価を利用したアドバイザリーサービスで解決

QUICK ESG研究所は、事業会社が持つ課題の解決につながるサービスを提供しています。

・客観的なESG評価をベースに、マテリアリティを特定することで、何からどのように取り組めばよいか、どのように開示すればよいかをアドバイスします。

・自社の株価や財務に影響を与えるESGファクターを知ることができます。

・同業他社や世界のベスト・グッドプラクティス企業の事例を理解し、自社の取り組みの参考にすることができます。

・日次のESG評価を知ることで、迅速にESGへの取り組みを改善することができます。

・役員向け勉強会や社内セミナーによりESGの社内浸透を支援します。

提供資料例: グローバルコンパクト(GC)スコアとESGスコア


最新のESG情報とネットワーキングの場を提供

外部の有識者を招いた会員向けセミナーやワークショップを随時開催し、ESG経営の実践をサポートします。また、他の企業、投資家、NGO、関係省庁などとのネットワーキングの場として活用いただけます。

また、研究所ポータルサイトを通じて最新のESG情報をお伝えします。

    ワークショップ事例
  1. ・TCFDのグッドプラクティスを考える
  2. ・SASBが特定する非財務情報のマテリアリティ
  3. ・経営に求められるダイバーシティとスキルセット

アナリストへのアクセス

ESGの取り組みを推進するために、ESG研究所の専門アナリストの調査力をお役立ていただけます。

    事例
  1. ・海外企業年金の責任投資実行の動向
  2. ・投資比率とESG評価の関係
  3. ・欧州サステナブル・アクションプランの動向
  4. ・投資家が注目する企業の開示情報

CDP回答支援サービス

CDP公認スコアラーによる回答ポイントの解説や回答レビューなど、CDP質問書への回答作成を支援します。


グリーンボンドのセカンドパーティオピニオン・サービス

ESG評価機関VigeoEirisが、グリーンボンド・ソーシャルボンドのフレームワーク、 発行体のESGに対しての第三者評価を提供します。 国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則・ソーシャルボンド原則、SDGs、ISO26000に 基づき、透明性・環境便益などを精緻に分析します。

 

QUICKのサービスは

さまざまな業種、部署で業務の効率化、高付加価値化、事務作業の軽減を実現いたします。

ぜひお問い合わせください。