事業戦略支援・市場分析ツールの提供
財務・経理
御社の保有株式、
管理は大丈夫ですか?

保有株式が10 億円を超えるとマンパワー管理は困難に

御社では、保有している株式や債券などの有価証券をどのように管理していますか?
総務・財務セクションの担当者が、日々の時価チェックや決算情報などをマンパワーで対応しているのが一般的なようです。

近年の株価上昇により、企業が保有する有価証券の評価額も増加傾向にあります。
アベノミクス始動前の2011 年3 月末と2018 年3 月末を比較すると日経平均は約2.2 倍、東証1 部の時価総額は約2.1 倍となっています。(当社調べ)
保有している有価証券の評価額が10 億円を超えると、管理業務効率化を求め当社サービスをご導入頂くケースが多いです。
担当者のマンパワーに頼る管理業務や無料サイトからの株価情報取得では、効率性と正確性の点で不安を感じることは無いでしょうか。
御社の有価証券管理業務を、見直してみてはいかがでしょう?

時価の損益管理がリアルタイムで可能!

銘柄数や評価額が増大した有価証券の管理業務は、とても簡単にできます。Microsoft® Excel® シートに保有銘柄と取得簿価、保有株数の他に、データ取得用の参照式、計算式を入力しておくだけで、リアルタイムでの時価評価をおこなうことができます。

有価証券管理でとくに面倒なのは株式分割や併合、権利・配当落ちなどの修正対応。当然のことながら、これらのコーポレートアクションを加味した修正済み株価および各種指標情報、未修正の株価のいずれも人間の手作業なしで入手可能です。また、過去のある時点における時価評価も簡単にできるようになっています。
(*)TTS:電信売相場、TTB:電信買相場、TTM:電信仲値相場WebAPI での提供なのでワンアクセスで簡単にデータ取得ができ、正式契約からデータ取得開始まで数日で可能。当然のことながらヒストリカルデータ(過去データ)も用意しています。費用は、ご利用の通貨ペア数や月間取得頻度によって変わってきますが、おおよそ月額4 万円より導入することができます。
ポートフォリオ管理参考画面例

※Microsoft、Excel は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

信頼性の高い情報が御社でも簡単に活用できます!

「金融・市況情報なら証券会社や各種ポータルサイトから入手しているよ」という声も聞こえてきます。その点に関しては、QUICK から2つご確認したいことがあります。

ひとつは、欲しい情報・データの発見や入手に意外と手間がかかっていませんか? という点。

もうひとつは、入手した情報・データはビジネスで使用するのに相応しい信頼性・公平性・透明性をもっているでしょうか? という点です。
サービス画面例

私たちQUICK は日本経済新聞社や東京証券取引所など、信頼性の高い提供元からの情報を基本に的確かつ使いやすくお届けすることで、長年にわたって内外金融機関のサポートをしてきました。

QUICK のサービスは
さまざまな業種、部署で業務の効率化、高付加価値化、事務作業の軽減を実現いたします。
ぜひお問い合わせください。