商品カタログ一覧 Product catalog list

Product catalog list

26 コンテンツ
掲載順  
Symphony
世界基準のコンプライアンスを兼ね備え、世界中の金融機関のコミュニケーションにおける生産性の飛躍的な向上に貢献しているSymphonyをQUICK Work Stationのオプションとして1ユーザーから気軽にご利用頂くことが可能です。また、オープン・プラットフォームであるSymphonyとQUICKの豊富なマーケットデータ、ニュース、オリジナルコンテンツをAPIで接続する事により、様々な業務の生産性の向上が実現可能となります。
概要

世界基準のコンプライアンスを兼ね備え、世界中の金融機関のコミュニケーションにおける生産性の飛躍的な向上に貢献しているSymphonyをQUICK Work Stationのオプションとして1ユーザーから気軽にご利用頂くことが可能です。また、オープン・プラットフォームであるSymphonyとQUICKの豊富なマーケットデータ、ニュース、オリジナルコンテンツをAPIで接続する事により、様々な業務の生産性の向上が実現可能となります。

詳細を見る
業績予想コメント
業績予想コメントは、会社が開示した業績予想資料・見解等を要約したものであり、以下の2つのコメントを利用しています。 ①自動生成コメント:東京証券取引所のTDnet(適時開示情報閲覧サービス)で開示された資料を、言語解析技術により読み取り、自動生成したコメント。②会社計画抜粋コメント:QUICK企業価値研究所の要点レポート・IPOフォローレポート(※1)の会社計画記述箇所を抜粋したコメント。※1:会社側の資料・見解および事実報道を中立的な立場から要約したレポート
詳細を見る
QUICK短観
「QUICK短期経済観測調査(QUICK短観)」は全国の上場企業を対象に業況判断などを毎月調査・集計しています。市場で注目度の高い日本銀行の企業短期経済観測調査(日銀短観)の先行指標として利用されています。調査結果は「業況判断指数(ディフュージョン・インデックス、DI)」という指標で表現しています。
詳細を見る
MRFの日次
純資産総額
主要な12MRF(マネーリザーブファンド)の純資産総額を元にQUICK独自に指数を算出し、収録。
個人投資家の投資余力を図るベンチマークとしての役割や、投資家のマネーの動きを日次ベースで確認することが出来ます。指数の更新頻度は一日1回。
併せて投資部門別売買動向データを見ることで、個人投資家マネーとの連動性や、割安感を相関で見ることにより、個人投資家の動きを把握することが出来ます。
詳細を見る
Qr1アクセス
ランキング
証券リテール分野で高いシェアを持つQUICKの金融情報端末「Qr1」の銘柄アクセスランキングデータです。個別銘柄のアクセスランキングから、市場の関心の動きをダイレクトに確認できます。30分毎更新のデータを使えば材料の出た銘柄を素早く発見することが可能。 ウェブページ形式の「アクセスランキング」特設サイトでは日経平均やTOPIX500等に銘柄を絞ることができ、株価材料となったニュースも併せて表示しています。
詳細を見る
決算スコア
企業が開示する決算や業績予想修正が、どの程度株価にインパクトを及ぼすかを統計的に算出した参考指標。 決算や業績予想を発表した際の株価の反応は、発表内容の良し悪しだけでなく、市場の想定や織り込み度合いでも変わります。決算スコアは、売上高など主要な収益項目について(1)前の期の実績(2)直近の会社予想(3)市場予想(QUICKコンセンサス)との比較で分類し、同様の分類パターンが過去、その後の株価にどう影響したかを集計して算出しています。 決算スコアのプラスは、当該決算が統計的に株価を押し上げる内容だったことを示し、マイナスは逆に株安につながるケースの多い内容だったことを示します。
詳細を見る
JPX銘柄別電文数
東証相場報道システムから送信される1日あたりの銘柄レベルのメッセージ数を提供します。市場レベル/銘柄レベルの価格変動との相関分析などに利用可能です。
詳細を見る
東証株式
市場統計
東証市場の統計情報(売買高・売買代金・時価総額・銘柄数)を、株式/ETF/REIT/債券の市場ごとに各種集計した値を提供します。
詳細を見る
株主優待
変更情報
TDnetで開示される株主優待情報を解析し、書類タイトルから「導入・変更・その他・停止」の4つに分類しデータ提供。
詳細を見る
123