QUICK

沿革
History

沿革一覧
  • 1971年
    日本初の金融情報ベンダー「株式会社市況情報センター」として創業
  • 1974年
    日本初のオンラインリアルタイム証券情報システム「ビデオ-I」サービス開始
  • 1976年
    香港で「ビデオ-I」サービス開始(日本の商用オンライン・システムとして初の海外進出)
  • 1983年
    各システムの保守サービスを目的とする「株式会社クイック電子サービス(現株式会社QES)」を設立
  • 1984年
    金融指標の一覧表示システム「指標ボード」サービス開始
  • 1986年
    総合金融情報システム「QUICK-10」サービス開始
  • 1987年
    グローバル金融情報サービス企業を目指し、CIを導入(株式会社QUICKに社名変更)
    ロンドン現地法人を設立(1994年 支店に改組)
  • 1988年
    ニューヨークに現地法人を設立
  • 1989年
    香港に現地法人を設立(1999年駐在員事務所に改組)
  • 1993年
    金融情報のリアルタイム提供を目的に、「QUICK-21watch」サービス開始
  • 1994年
    QUICK月次調査を開始
  • 1996年
    オープン化時代に対応する総合金融情報システム「QUICK-IS」サービス開始
  • 1997年
    機関投資家と証券会社を結び、発注・約定業務を支援する「QUICK TradeNet」サービス開始
  • 1998年
    インターネット時代に先駆け、オンライントレード向け「QUICK IS-Web」サービスなどを開始
  • 2000年
    直接金融市場の活況を背景に、企業分析情報提供の専業会社「株式会社QUICK企業研究所(2002年QBRに社名変更)」を設立
    証券・金融リテール営業を支援する「QUICK LevelXシリーズ」が本格稼働
  • 2002年
    金融のプロのあらゆる業務に応える「QUICK ActiveManager」が本格稼働
  • 2004年
    「QUICK中国情報Web」サービス開始
  • 2005年
    本社を東京・日本橋に移転
  • 2006年
    個人向け資産運用コンサルティング営業のトータルソリューション
    「Astra Consultant」サービス開始
  • 2007年
    マーケット分析とポートフォリオ運用のための資産運用ソリューション
    「Astra Manager」サービス開始
  • 2010年
    上海証券取引所の情報配信で「2010年最優秀リアルタイム情報ベンダー賞」などダブル受賞
  • 2012年
    世界の企業情報を日本語で提供する「QUICK-FACTSET Global Web」サービス開始
  • 2013年
    証券・金融プロフェッショナル向け次世代サービス「Qr1」(QUICK LevelX r1)をサービス開始
    仮想株式取引シミュレーションサイトを運営する「株式会社Fanet (現株式会社K-ZONE)」を設立
  • 2014年
    QUICK ESG研究所を設立
    英国Eiris(現Vigeo Eiris)と業務提携し、QUICK ESGサービスの提供を開始
    米国Clear Marketsと業務提携し、金利スワップの電子取引分野へ進出
    マレーシアN2N Connect、ベトナムStoxPlusと業務提携し、アジア事業に進出
    日本のサブカルチャーとIRを融合した情報発信プラットフォーム「IRroid」をリリース
  • 2015年
    米国FactSetと協業し、QUICK FactSet Workstationをリリース
    個人投資家向けwebサイト「QUICK Money World」をリリース
  • 2016年
    米国Xigniteへ出資し、FinTechへの取り組みを加速
    企業ロゴを刷新し、新たなブランド・デザインをスタート
    株式会社QBRを吸収合併し、企業価値研究所 ・資産運用研究所を設立
    個人投資家向け「QUICKコーポレートアラート」サービス開始
    米国Glass, Lewis & Co.,の議決権行使助言レポート提供開始
    AI(人工知能)活用した自動解析ニュース「QUICK AI速報」リリース
    エネルギー情報提供のリム情報開発に出資、業務提携
  • 2017年
    「グラスルイス 議決権行使管理」プラットフォームの提供開始
    女性活躍推進法に基づく「えるぼし」最高位の認定取得