QUICK

トライアル・お問い合わせ
<< ESG業務向けソリューション トップへ戻る

機関投資家
責任投資部門/エンゲージメント部門/運用部門/リサーチ部門/融資部門

解決したい課題
ESGインテグレーションの推進、
スチュワードシップ責任を果たす。
  • ESG課題の本質を理解し、最新の動向を把握したい
  • 責任投資方針を策定しESG評価のフレームワークを構築したい
  • 投資判断へのESGインテグレーションを実践したい
  • 企業との実効的なエンゲージメントを推進させたい
  • 投資先企業の日々のESG評価や取り組みを把握したい
  • ESGファンドを組成・運用したい
  • 債券の分野でも責任投資を実践したい
  • グリーンボンドへの投資など、インパクト投資を推進したい
  • 議決権行使判断の説明力を高めたい、透明化させたい
  • 議決権行使のプロセスを効率化させたい
主な情報・サービスの紹介
1.ESG調査/評価会社のデータ提供と
責任投資推進のための調査・レポーティングサービス
  • VigeoEirisのESG評価フレームワーク“EQUITCS”をベースに、メソドロジー解説と評価データ(月次、ヒストリカル)を提供します。それにより、ESG課題の理解と、グローバルな企業比較を通じた、自社独自の評価フレームワークの構築、ESGインテグレーション、そして企業エンゲージメントを支援します。
  • アラベスク(Arabesque S-Ray®)の企業の日次ESGスコアを提供します。投資先企業のESG評価、ESGファンドの組成、アルファ戦略、エンゲージメントなどに活用できます。
  • ESG専門アナリストによる、ESG課題や最新の動向を解説する、意見交換会や個別勉強会を開催し、責任投資方針の策定を支援します。
  • 責任投資を推進する海外の投資家のESGインテグレーションやエンゲージメント事例を調査、レポーティング(※)します。アクティブ・オーナーシップや責任投資の実践にご活用ください。

    (※)事例:機関投資家のダイベストメント動向、ESG関連の株主提案動向など

  • ESG専任のコンサルタントやアナリストが、貴社に出張し、社内勉強会やセミナーで講演、社内でのESG投資の理解、推進をお手伝いします。


▼企業のESGスコアを上位から20%ごとに区切った(5分位)パフォーマンス推移
2.議決権行使サポート

議決権行使助言レポートおよび行使プラットフォームサービスを通じ、「議決権行使判断の説明責任や透明性」「議決権行使の効率化やコスト削減」「エンゲージメントの高度化」を支援いたします。

▼ProxyPaper(議決権行使助言レポート)
▼ViewPoint(議決権行使プラットフォーム)
3.債券のESG評価
  • ソブリン発行体に関するESGレーティングを提供。
  • OECD加盟国における相対位置づけなど、投資先のリスクプロファイル分析を支援します。
  • マクロ要因分析との併用によるウェイト調整など、ESGインテグレーションにご活用いただけます。


2.議決権行使サポート
議決権行使助言レポートおよび行使プラットフォームサービスを通じ、「議決権行使判断の説明責任や透明性」「議決権行使の効率化やコスト削減」「エンゲージメントの高度化」を支援いたします。
▼ProxyPaper(議決権行使助言レポート)
▼ViewPoint(議決権行使プラットフォーム)
3.債券のESG評価
  • ソブリン発行体に関するESGレーティングを提供。
  • OECD加盟国における相対位置づけなど、投資先のリスクプロファイル分析を支援します。
  • マクロ要因分析との併用によるウェイト調整など、ESGインテグレーションにご活用いただけます。


※お客さまの事業内容等により、弊社サービスをご提供できない場合がございます。詳細はお問い合わせ下さい。
※記載の会社名および製品名は各社の商号または商標もしくは商標登録です。
※記載の画面例などはサンプルです。記載の内容は今後変更の可能性があります。
  • Vigeo Eiris
  • GlassLewis
  • arabesque
  • Responsible Investor
  • PRI
  • CDP
  • 日本サステナブル投資フォーラム