QUICK

トライアル・お問い合わせ
<< ESG業務向けソリューション トップへ戻る

機関投資家
責任投資部門/エンゲージメント部門/運用部門/リサーチ部門/融資部門

解決したい課題
ESGインテグレーションの推進、
スチュワードシップ責任を果たす。
  • ESG課題の本質を理解し、最新の動向を把握したい
  • 責任投資方針を策定しESG評価のフレームワークを構築したい
  • 投資判断へのESGインテグレーションを実践したい
  • 企業との実効的なエンゲージメントを推進させたい
  • 投資先企業の日々のESG評価や取り組みを把握したい
  • ESGファンドを組成・運用したい
  • 債券の分野でも責任投資を実践したい
  • グリーンボンドへの投資など、インパクト投資を推進したい
  • 議決権行使判断の説明力を高めたい、透明化させたい
  • 議決権行使のプロセスを効率化させたい
主な情報・サービスの紹介
1.ESGリサーチ機関の評価情報提供サービス

ESGインデックスやファンドの組成や運用、ESGをインテグレートしたアルファ戦略、保有銘柄やリサーチ銘柄のESG評価などの投資分析や判断、企業とのエンゲージメントなどにご活用いただけます。

Vigeo Eiris
ESG評価フレームワーク"EQUITCS"をベースにしたサステナビリティ評価スコアとレポート
  • サステナビリティ・レーティングとスコア
  • サステナビリティ分析・評価レポート
  • アラートサービス
  • コントラバシー・リスク評価レポート
  • コントラバシー・アクティビティーズ・スクリーニング
  • カーボン・フットプリント
  • エナジートランジション・スコア
  • SDGs評価
  • サステナブル・グッズ&サービス
  • ソブリン発行体のESGレーティング
Vigeo Eiris_img1 Vigeo Eiris_img2
Arabesque S-Ray®
企業のサステナビリティをビッグデータとAIを駆使して日次で評価
  • 日次のGCスコア(国連グローバル・コンパクト原則に基づき企業の行動規範を評価)、ESGスコア(業績への影響と株価へのインパクトを考慮)およびTemperatureスコア(企業が気温上昇にどの程度寄与しているかを定量化)
  • Preferences Filter(化石燃料、兵器など15のネガティブ・スクリーニングフィルター)


▼企業のGC(グローバルコンパクト)スコア
▼GCスコアとESGスコア


▼企業のESGスコアを上位から20%ごとに区切った(5分位)パフォーマンス推移
2.Glass Lewisの議決権行使助言レポートおよび行使プラットフォーム

Glass Lewisの議決権行使助言レポートおよび行使プラットフォームを紹介します。
議決権行使の説明責任や透明性の向上、効率化やコスト削減に貢献します。



▼ProxyPaper(議決権行使助言レポート) ProxyPaper
▼ViewPoint(議決権行使プラットフォーム) Viewpoint
※お客さまの事業内容等により、弊社サービスをご提供できない場合がございます。詳細はお問い合わせ下さい。
※記載の会社名および製品名は各社の商号または商標もしくは商標登録です。
※記載の画面例などはサンプルです。記載の内容は今後変更の可能性があります。
  • Vigeo Eiris
  • GlassLewis
  • arabesque
  • Responsible Investor
  • PRI
  • CDP
  • 日本サステナブル投資フォーラム