大学院で学んだ戦略的思考を、
QUICKの仕事に
大いに役立てて
います
営業セクション
K.W
インタビュー
大学院で学んだ戦略的思考を、
QUICKの仕事に
大いに役立てて
います
35歳のときに、MBA取得を決意
現在は、営業セクションにおいて、大手銀行や海外顧客向けの営業活動を行いながら、昨年より会社の国内留学制度を利用して、大学院に通学しています。
QUICKを取り巻く経営環境は大きく変化しており、前例や過去の成功体験が通用しない問題に、直面することが増えています。これは、あらゆる企業における共通点だと思っています。こうした状況に、ビジネス・パーソンとして伍していくためには、会社の業務だけでは得難い、新たな学びを得ることが必要だと、かねてより考えていました。昨年35歳という区切りの年齢を迎え、学び直しの意味も含めてMBAを取得することを決意しました。
顧客と自社を戦略的に俯瞰する能力を身につける
大学院では経営学、つまり経営や事業運営に必要な、幅広い知識体系を学習しています。その中で「戦略的思考」について、ディスカッションを交えながら、徹底して修得しています。戦略的思考とは、「物事を事実ベースで論理的に考えること。そして、市場・組織の本質的な問題を大局的な視点から捉え、現状を突破するための最適な打ち手を抽出すること」を目的にしています。
弊社の営業の仕事は、必ずしも、会社から指示されたものを、売ることではありません。お客様の業務や課題を、会話や質問を通じて理解し、それに対して自分がどのようなバリューを提供できるか?をゼロから考えることが大切です。そして、お客様の真に役立つサービスを創造するには、戦略的思考が不可欠です。「我が社が取り組む必要があるか?何故なのか?」「取り組んだ先に、どのような成果を得る可能性があるのか?」という問いについて、主観を排し客観的な視点より考え抜くことが、社内とお客様を的確に繋ぎ、成功確率の高いバリューを生み出すと実感しています。
仕事を洗練させ、学びを実務に
適用していく
大学院での学習は、仕事、家庭とのバランスを取る必要があります。その際に「時間」が最大の制約条件となります。時間を捻出するために、仕事を今まで以上に取捨選択し、洗練させることにも、大学院への進学をきっかけに取り組んでいます。また、学んだことは、実践することによってのみ、本当の実力として身に付きます。今まで以上に、実務にて直面する問題を1つでも多く解決しようと、部署を越えた協力を得ながら、熱意を持って取り組んでいます。
今後は、QUICKのコンテンツを
グローバルに展開する一翼を
担いたい
経済がボーダレスになっている昨今において、日本の金融情報コンテンツは、海外でもニーズがあるはずです。特にQUICKを含め、日経グループが持っている良質なコンテンツは、グローバルに展開できると考えています。実際に、最近海外出張をしたときに、QUICKのオリジナルニュースを英訳して、現地の金融機関に紹介すると、非常に興味を持っていただけました。こうしたコンテンツを、機械翻訳や自然言語処理技術を介して、英語でリアルタイムに提供できれば、新たなマーケットを開拓できるはずです。そのためには、セールス・マーケティングの手法を進化させる必要があります。取り組むべき課題は多いですが、海外のお客様の関心を目の当たりにして、非常に取り組みがいのあるテーマだと感じています。