QUICK

お知らせ
News & Information

「オルタナティブデータ カンファレンス Spring 2019」に協賛
2019年3月8日

株式会社QUICK

 

QUICKは、3月20日(水)に開催される 「オルタナティブデータ カンファレンス Spring 2019」に協賛します。ブースではQUICK Workstation、ニュース解析などを紹介します。

 

2010年以降、機械学習、データサイエンス、自然言語処理やビッグデータに基づいたモデリングなどの技術が発展してきました。これにより 「オルタナティブデータ」 と呼ばれる、非伝統的なデータの投資判断への利用が海外の金融企業を中心に広がっています。

 

一方で国内では、こうしたデータの金融への活用はいまだ進んでいるとは言えません。これは、国内においてオルタナティブデータの利用に関する情報の量が非常に少なく、課題や問題に対するディスカッションが欠けていることが一つの原因です。

 

本セミナーでは国内外の運用関係者やデータベンダーを招き、海外の事例や国内での活用課題について講演、ディスカッションを行い、コミュニティの形成や課題の共有、明確化を図ります。

 

 

お申込みはこちら

 

【開催概要】
名 称 オルタナティブデータ カンファレンス Spring 2019
日 程 2019年3月20日(水) 
開場 14:30/開演 15:00/終演 18:30
会 場 大手町プレイスカンファレンスセンター 2FホールA
東京都千代田区大手町2-3-1
定 員 150名
※応募者多数の場合は抽選となります。
※競合・個人からのお申込はご遠慮いただいております。
※その他、本イベントスタッフの判断にてご辞退いただく場合もございますので予めご了承ください。
主 催 日本経済新聞社
協 賛 株式会社QUICK


【プログラム】
基調講演 1 (15:00-15:45)
「データで何を探し、どう運用するかを考える」
関西学院大学 大学院 経営戦略研究科 教授 岡田 克彦
【略歴】
モルガン・スタンレーとUBS証券を経て、1997年シンガポールで日本株ヘッジファンド運用会社Halberdier Capitalを共同創業。2005年にアカデミアに転身。2011年にAIと行動ファイナンスに基づく投資顧問会社(株)Magne-Max Capital Management社を大学発ベンチャーとして起業。現在、同社はYahoo! Japanのグループ企業となり非財務情報も含めたデータ駆動型運用を実施。博士(経営学)神戸大学。
基調講演 2 (15:45-16:30)
「資産運用におけるオルタナティブデータの可能性」
株式会社三菱UFJトラスト投資工学研究所(MTEC) 佐藤 賢一
【略歴】
2000年3月 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 修士課程 修了
2000年4月 株式会社エムティービィーインベストメントテクノロジー研究所(現 株式会社三菱UFJトラスト投資工学研究所)入社
現在 債券・マルチアセット運用モデル、株式クオンツモデルの開発に従事
講演(16:30-16:50)
「オルタナティブデータ活用事例 エン・ジャパンとの共同研究」
アセットマネジメントOne株式会社 株式運用グループ アナリスト 鐘江 健一 氏

休憩(16:50-17:00)

対談(17:00-17:30)
「国内バイサイドにとってのオルタナティブデータ」
Tokio Marine Asset Management USA Ltd. CEO & Chief Investment Officer 三橋 威夫
アセットマネジメントOne株式会社 国内株式担当ファンドマネージャー 岩谷 渉平
株式会社ナウキャスト 代表取締役CEO 辻中 仁士
パネルディスカッション(17:30-18:30)
「データベンダーから見たオルタナティブデータ市場の将来」
ファクトセット・パシフィック コンテンツ&テクノロジーソリューションズ ヴァイスプレジデント 三本木 宏
株式会社東京証券取引所 情報サービス部 課長 保坂 豪
株式会社ジェーシービー イノベーション統括部 副主事 小沢 典永
株式会社QUICK ナレッジ開発本部 副本部長 渋谷 淳
招宴:カクテル レセプション(18:30-19:30)

 

※演題は仮題です。プログラムの内容は予告なく変更になる場合があります。

 

 

以 上