QUICK

お知らせ
News & Information

企業IRセミナーを開催しました
「満足度の高まる企業IR~多様なステークホルダーの対応~」
2014年9月4日

株式会社QUICK

 

 株式会社QUICKは2014年7月18日、日経メディアマーケティング株式会社と共催でIR実務担当者向けのセミナーを開催しました。 株式会社QBR  QUICK企業研究所  調査部長  豊田博幸氏を講師に迎え、「満足度の高まる企業IR~多様なステークホルダーの対応~」 と題し、講演いただきました。主な内容は以下の通りです。

 

 

【講演要旨】

●Win-Winの関係を築く
  企業のIR担当には、多種多様なステークホルダー(利害関係者)と円滑なコミュニュケーションを取り、 自社及びステークホルダーとWin-Winの関係を築くことが求められている。全てのステークホルダーの要求を叶えることは難しいが、 「持続可能な成長企業である、あるいはそれを目指していることを訴え続ける」ことで全体の効果を高めることができる。

 

多種多様なステークホルダー
  zu1-1

 

●業績が悪くても「成長企業」という言葉を
  成長企業とは「中期的な成長可能な有望ビジネスを抱え、そのビジネスが将来の収益基盤の中核となる シナリオがある企業」と考えている。現在の主力ビジネスが必ずしも成長している必要はない。 業績が悪くても「成長企業」という言葉を使ってステークホルダーに説明してほしい。 リーマンショック後に収益が悪化したことで、その「回復過程」と説明する企業が多いが、 有望なビジネスを抱えていれば、「成長企業」とすべきだ。 また、持続可能な企業とは「様々なステークホルダーと共存共栄しもしくは共生していく企業」と定義している。

 

●企業価値の認識が必要
  企業価値の適切な評価について、株価は市場が決めるもので、企業側は関知しない――とする考えは好ましくない。 少なくとも企業価値がいくらになるか、データを公表するか否かは別にして、経営者が認識しておく必要がある。 企業アナリストの立場からは、企業価値がどのような状態か、どの方向に向いているのかを企業側から示されることがありがたい。

 

●株価は利益とIRで形成
  株価は短期的には美人投票の側面が強いが、長期的には利益成長、ファンダメンタルと連動性が高い。 企業がどう考え、どう進むかなどといった企業活動を、正確に様々なステークホルダーに浸透させることがIRの力だ。 株価は利益とIRが組み合わされて形成されると言える。

 

●重電3社の株価の差は
  例として重電3社の株価の推移をみてみよう。三菱電機は2005年ごろから、それまでトップだった日立の株価を上回り、 その後も差が広がっている。三菱電機の主力は家電ではないが、 コンシューマー向けコマーシャルで企業イメージをアップするなど、ポテンシャルの宣伝が上手い。

 


重電3社の株価推移 出所:Qr1
  zu2-2

 

●Qr1で手軽に同業他社を比較
  重電3社の株価推移でみた通り、同業他社の比較はとても重要だ。 Qr1では他社比較やレーティングの一覧表示などが手軽に確認できる。 「QUICKコンセンサス」は、会社計画とは別に調査会社や企業アナリストの業績予測の平均値を集計しており、 とても使い勝手がよく便利だ。
  また、Qr1にはQUICKの信頼性の高いデータを、簡単に資料に利用できる機能がある。アナリストのレポートに限らず、 重要な報告資料を効率的に作成することができるため、よく活用している。
Qr1とは

 


Qr1タブ切り替えだけの簡単な操作性 
zu3-1
 

 

●不況時の施策を注視
  企業アナリストの立場からは、IR担当に「企業業績の状況に応じた開示」を要望している。 アナリストにとって非常に関心が高いのは、経営陣が現状を①後退期②不況期③回復期のどの状況ととらえており、 どのような施策を打ち出すのかという点だ。特に重要なのは不況期で、生産縮小や在庫縮小の際、 アナリストは「不況期のボトムがどの時点なのか」「今後の施策によってどのように業績を伸ばしていくのか」を注視している。 その際に経営の意思を補足するためにアナリストが好む “説得力の高いデータ”、“継続的なデータ”を提示することも大切なポイントだ。


企業業績の状況
  zu4-1

 

 

【講師プロフィール】
豊田博幸氏
株式会社QBR  QUICK企業研究所  調査部長
1985年、東京証券(現東海東京証券)入社。企業アナリストとして主に自動車、機械など製造業中心に担当、 投資情報業務に従事。2000年、QUICK企業研究所(QBR)に勤務し、調査部シニアアナリストとして電機・精密、 ストラテジーを担当。2011年 調査部長、現在に至る。

 

 

以 上